がんの予防

がんの予防

 がんは、ある程度は予防できる病気です。そこで、日常生活の中で「できるだけがんの原因を追及する」ために生まれたのが、国立がんセンターの「がんを防ぐための12カ条」です。これらを積極的に実行すれば、がんの約60%が防げると専門家は考えています。

がん予防のための正しいライフスタイル

 病院  バランスのある栄養をとる
 病院  毎日、変化のある食生活を
 病院  食べ過ぎを避け、脂肪は控えめに
 病院  お酒はほどほどに
 病院  たばこは吸わないように
 病院  食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
 病院  塩辛い物は少なめに、熱いものはさましてから
 病院  焦げた部分は避ける
 病院  かびの生えたものに注意
 病院  日光にあたりすぎない
 病院  適度にスポーツをする
 病院  体を清潔に


     


早期発見で完治率高まる


 現在、がんは急速な医学の進歩により、早期の発見であれば、高い確率で完治できるようになりました。
 しかし、早期がんの場合は自覚症状がないことが多いために、定期的な健康診断による早期発見がますます重要になっています。

右 ガン10年時代といわれ、治療後10年は再発の危険があると言われています。
右 完治したからといって、安心せず、再発しないための生活を心がけましょう!

臓器別がん死亡数の割合

   男性
   

   女性
   


右 一覧に戻る


サイトメニュー


相互リンクサイト