便秘

便秘

便秘はお腹が張って不快になるだけではありません。長く続くと、長の動きが悪くなり、がんやポリープなどさまざまな台帳の病気を引き起こすことがあります。食生活や運動などのライフスタイルを見直し、予防・改善をはかることが大切です。

便秘予防・改善のための正しいライフスタイル

食  事
   肉中心の直生活を見直し、食物繊維が豊富な野菜を多くとりましょう。
運  動
   日常生活の中でまめに体を動かし、腹式呼吸などで筋肉を鍛えましょう
週  間
   排便週間をつけるため、規則正しい生活をしましょう。

便秘の原因と症状

 個人差もありますが、一般に3日以上排便が無く、腹痛やおなかがふくれるような感じがする膨満感などのふかいな症状がある場合を便秘といいます。

機能性便秘
けいれん性便秘
[原因] ストレスからくる副交感神経の過緊張が延引で直腸がけいれん・収縮し、便が移動しにくくなったため。
[症状] ポロポロしたうさぎの糞のような便となり、腹痛を伴う

弛緩性便秘
[原因] 長の運動が低下することで腸内容物の通過が遅れる。
[症状] 排便に必要な腹筋が弱い高齢者や女性、特に妊娠中は便秘になりやすい。

直腸性便秘
[原因] 時間に追われて排便をゆっくりする時間がとれないために、便を我慢する習慣がついたこと、あるいは下痢や浣腸の乱用で便意がもよおされなくなるため。

症候性便秘
症候性便秘
[原因] 大腸ガン、ポリープ、炎症による機能的な閉塞によるものと、糖尿病などの内分泌疾患や脳血管障害などの神経障害による麻痺性の閉塞がある。
[症状] 便に血液がつく、便が極端に細くなるなどの症状がでたらすぐに医師に相談すること。



◆食物繊維をしっかりとる
 便秘解消に一番効果的なのが食物繊維です。成人の場合、一日約25〜25gを目安に摂取するようにしましょう。野菜、海藻、キノコ、イモ、こんにゃく、豆類などを積極的に。
 ただし、意外なことに、食物繊維ばかりとるのも逆効果です、動物や魚に含まれる油質やタンパク質も、便秘のために大切な存在なのです、多くの食品をバランス良く取る 快食=快便の献立を考えてください。
     

◆筋肉を鍛える
 排便の祭に必要なのは腹筋です。腹筋を鍛えるのには、ハードな運動でなくても大丈夫。一日に何回か腹式国有をするのが効果的です。エレベーターやエスカレーターを使用せずに階段を歩く、オフィスでは1時間に1回席を立ってストレッチや屈伸運動をするなど、日常生活の中で、こまめに体を動かしましょう・・・。

 ◆◇◆こんな時は、すぐに病院で検査を◆◇◆
環境の変化などが原因の急性便秘で有れば、大半は自然によくなります。一方、慢性的に続く便秘には大腸ガンなどの重大な病気が隠されている可能性もあります。特に腹痛や血便を伴う場合は医療機関での長の検査を受けて下さい。



右 一覧に戻る

サイトメニュー


相互リンクサイト