脂肪肝

脂肪肝

 脂肪や糖質のとりすぎ、糖の代謝異常によって肝臓の細胞内に中性脂肪が蓄積すると脂肪肝になります。いわゆる肝臓が「霜降り状態」になるわけです。成人男性では20%強、成人女性でも数%の人に脂肪肝が見られます。自覚症状はほとんどありませんが、重傷の場合は肝硬変へと進行する可能性がありますので、注意が必要です。

脂肪肝予防・改善のための正しいライフスタイル

食  事
   過食、偏食、間食をやめ、1日3回規則正しくとりましょう。
運  動
   適度な運動を心がけましょう。
節  酒
   過度な飲酒は脂肪肝の原因となります。
   脂肪肝と診断されたらお酒を控えましょう。

脂肪肝って、どんな病気?

 脂肪肝とは、肝臓を構成している肝細胞群の1/3以上に脂肪(主に中性脂肪)が貯まっている状態のことで、非アルコール性とアルコール性と2種類に大きく分けられます。

非アルコール性
  糖尿病・高脂血症
  ホルモン剤などの副作用

アルコール性
  過度の飲酒
  アルコール性肝炎


◆手軽な運動を続けましょう

80Kcal分を消費する運動


BMIによる肥満の判定基準


脂肪肝の診断方法

血液検査でGOT(AST)、GPT(ALT)、コリンエステラーゼ(ChE)が高値、肝炎ウイルスマーカーが陰性だと脂肪肝の確率が大きいと言えます。

超音波で典型的な脂肪肝の像があれば確実です。


肝生検による診断帽によって肝炎を起こしているかどうかが分かります。


◆血液検査による脂肪肝の診断のめやす



右 一覧に戻る

サイトメニュー


相互リンクサイト