妊娠・授乳中の薬

妊娠・授乳中の薬

妊娠・授乳中に薬を飲む場合は、胎児、あるいは新生児への影響を注意しなければなりません。しかし、薬による影響よりも、病気が胎児は新生児に与える影響が大きい場合もありますので、過剰に神経質になることは禁物です、薬を飲むときは必ず薬剤師、医師とよく相談し、病気の治療に専念しながら元気な赤長を生むことに専念しましょう。

妊娠・授乳中に薬を飲む場合の正しいライフスタイル

薬は、とくに最終月経から28日目以降つまり妊娠4〜15週までは胎児に影響があることを認識しましょう。
薬を飲むことに、いたずらに神経質になるのはやめましょう、服用の際は医師、薬剤師に相談しましょう。
アルコール・タバコは胎児にとって悪影響です。
妊娠中は厳禁と心がけましょう。

妊娠前の男性が使用した薬の影響
薬剤の影響を受けた精子は受精能力を失うが、受精してもその卵は着床しなかったり、妊娠早期に流産して消失してしまいます。

妊婦が薬を飲むときの注意

妊娠中は肝臓や腎臓の機能が低下します
妊娠中は肝臓、腎臓の機能が低下しますので、医薬品排除能力が衰えます。そのために妊娠中の薬の量は妊娠していないときより少なめにするのが原則です。
多くの薬剤は胎盤を通過して胎児に移行します
妊娠中に薬を飲むときは、胎児への影響を考え、必ず薬剤師、医師に相談することが大切です。
胎児への最大の影響は胎児の催奇形性です
胎児への催奇形性以外の胎児傷害も報告されているので注意が必要です。
母親の病気が胎児に影響を与えることがあります。
薬の胎児への影響を心配する一方、母親の病気が胎児に大きな影響を与えることもありますので、薬剤師、医師に相談して、治さなければならない病気は、神経質にならず前向きに薬を飲んで治しましょう。
妊娠16週以降は催奇形性の心配はありません 。
胎児の催奇形性に影響があるのは妊娠15週までで、それ以降は心配の必要はありません。

授乳中に薬を飲むときの注意

母親が授乳中に薬を飲むと、どんな薬であっても少しは母乳の中に出てきます。出てくる割合と乳児に及ぼす影響の程度が問題となります。
      出産後も薬を飲むときは薬剤師、医師に相談することが大切です。


右 一覧に戻る

サイトメニュー


相互リンクサイト