セルフメディケーション



鉄欠乏性貧血
貧血の大半は鉄分不足が原因であり、近年は若い女性に増えています。無理なダイエットや変色を避けるなど、食生活の見直しが大切です。

骨粗しょう症
骨粗しょう症の「しょう」の字は、感じで「鬆」と書きます。
鬆は「す」とも読みます。骨粗しょう症とは、骨に大根などにみられるような「す」が入り、骨がもろくなる病気です。

乾燥肌・脂性肌
乾燥肌と脂性肌、それぞれの性質を理解し、正しいセルフケアを心がけましょう。

妊娠・授乳中の薬
妊娠・授乳中に医薬品を飲むと思わぬ副作用が生じたり、胎児に影響を与える場合があります。自己判断は避け、薬剤師や医師とよく相談しながら使用しましょう。

脂肪肝
超音波検査で脂肪肝と診断され、驚くケースが増えています。自覚症状のない病気なので、まず生活習慣の見直しを。

便秘
長い時間、腸内にたまった便は水分を失い、しだいに硬くなります。その結果、排便に困難を伴うようになった状態が便秘です。

肥満
肥満は単に“体重が重いこと”ではありません。糖尿病や高血圧症、心筋梗塞など、多くの生活習慣病の原因となります。

眼精疲労
眼精疲労は“疲れ目”のことをいい、目がかすむ、ショボショボするなど、大人から子供まで、現代人の多くは眼精疲労に悩まされています。

肩こり
国民生活基礎調査では、自覚症状のある病気、けがとして、女性の第1番目に、男性の第2番目に肩こりをあげていあmす。とくに50代女性の割合は高く、ほぼ6人に1人は肩こりに悩まされています。

がんの予防
日本人の死亡原因の25%を占めるがんは、正しい生活習慣をおくることで、一定の予防が可能な病気です。


サイトメニュー


相互リンクサイト