肩こり

肩こり

 頭の重さは体重の約13%。例えば、体重60?の人は8?弱の重さを首と肩で支えていることになります。加えて現代人の多くは長時間の同一姿勢やストレスなどにさらされ、肩こりになりやすい生活を送っています。生活習慣を見直して、肩こりを予防・改善しましょう。

肩こり予防・改善のための正しいライフスタイル

作  業
   長時間にわたるデスクワークには、適度に休憩・ストレッチを取り入れましょう。
運  動
   予防・改善には肩周辺の筋力アップも必要です。
   適度な運動はストレス解消にも役立ちます。
入  浴
   入浴により筋肉の血行をよくし、疲労をとります。
   シャワー、マッサージも効果的です。


肩こりの原因

 肩こりの原因はさまざまです。長時間の同じ姿勢、運動不足、ストレスなどが一般的ですが、高血圧やうつ病などの病気が関連しているケースも少なくありません。

<考えられる原因>
 × 長時間の同一姿勢、悪い姿勢
 × バックをいつも同じ肩にかける
 × 腹ばい・肩肘をついて横になり雑誌、本を読む
 × 雑誌・本を床に置き、座って読む
 × 足を組み、前かがみでのデスクワーク
 × 運動不足、加齢による筋力低下
 × ストレス、自律神経失調症、鬱状態
 × 疲れ目、度の合わないメガネ
 × 合わない靴
 × 歯の磨き合わせが悪い
 × 冷房の効きすぎ
 × 肥満体、極端なやせ
 × 窮屈な服、合わない枕
 × 高血圧、低血圧、肺ガン、更年期障害など
 × 変形性脊椎症、頚椎椎間板ヘルニアなど

[首の運動]
 ①首を左右交互にゆっくりと倒す
 ②前後に倒す
 ③ゆっくり回転させる。反対側も同様に

[首の抵抗運動]
 ①耳の上に手を当て、頭と5秒ほど押し合う。
  押し合うときは息を吐く。反対側も同様に
 ②両手指を組んで額にあて、5秒ほど押し合う。
 ③両手指を組んで後頭部にあて、5秒ほど押し合う。

[肩の運動]
 ①イスに座り、上体を前に倒しながら両腕を水平に伸ばす
 ②両腕を後ろに反らしながら上体を前に倒す。

[手の抵抗運動]
 ①両手を胸の前で合わせ、5秒ほど力を入れる。
 ②両手の指を互いに引っかけ、思い切り引っ張る。
  指の上下をかえて同様行う。

★各運動は5〜10回繰り返します。仕事の合間や入浴後に行うと効果的です。ただし、痛みがあるときには行わず、安静を保って下さい。


◆◇◆こんなときは、すぐに病院で検査を◆◇◆

安静時にも片や首の周辺が痛んだり、吐き気や動悸を伴うときは、内臓に原因があるのかもしれません。頭痛やしびれ、めまいを伴うときは、背骨の中の神経が圧迫されている可能性があります。
すぐに医療機関で検査を行ってください。


右 一覧に戻る

がんの予防

がんの予防

 がんは、ある程度は予防できる病気です。そこで、日常生活の中で「できるだけがんの原因を追及する」ために生まれたのが、国立がんセンターの「がんを防ぐための12カ条」です。これらを積極的に実行すれば、がんの約60%が防げると専門家は考えています。

がん予防のための正しいライフスタイル

 病院  バランスのある栄養をとる
 病院  毎日、変化のある食生活を
 病院  食べ過ぎを避け、脂肪は控えめに
 病院  お酒はほどほどに
 病院  たばこは吸わないように
 病院  食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
 病院  塩辛い物は少なめに、熱いものはさましてから
 病院  焦げた部分は避ける
 病院  かびの生えたものに注意
 病院  日光にあたりすぎない
 病院  適度にスポーツをする
 病院  体を清潔に


     


早期発見で完治率高まる


 現在、がんは急速な医学の進歩により、早期の発見であれば、高い確率で完治できるようになりました。
 しかし、早期がんの場合は自覚症状がないことが多いために、定期的な健康診断による早期発見がますます重要になっています。

右 ガン10年時代といわれ、治療後10年は再発の危険があると言われています。
右 完治したからといって、安心せず、再発しないための生活を心がけましょう!

臓器別がん死亡数の割合

   男性
   

   女性
   


右 一覧に戻る

お風呂でリラクゼーション

●お風呂でリラクゼーション

1日の疲れを癒すお風呂、ところが全身をお湯につけることにより、身体に相当な圧力がかかってしまいます。これを「静水圧」と呼び、日本式の深い浴槽だとその力はなんと500㎏以上。これでは血圧が上昇し、肺や心臓にもかなりの負担がかかってしまいます。
そこで、のんびりゆったりお風呂を楽しみたい人におすすめなのが「半身浴」です。
胸から下だけお湯につける入浴法です。

<正しい半身浴>
正しい半身浴の基本は、いつも胸から下だけをお湯につけるようにするということです。腕はお湯から外に出しましょう。そして、体温よりも少し高い程度の、37〜38℃のお湯に20〜30分間、ゆっくりと入ります。
(冬場は少し高め・・・40度くらいまで でもOK)

だんだん身体の芯から温まってきて、汗がでてきます。この方法だと湯冷めはしません。胸から下だけお湯につかるというのは、文字通り頭寒足熱の状態になるということです。慣れない人は、初めは上半身が寒いような気がしますが、まずはがまんしてしばらく、つかっていてください。時々20〜30秒間だけ肩までつかるのはさしつかえありません。そのうち確実に、体の芯から温まって気持ちよくなってきます。
脳の視床下部を刺激して副交感神経が働くので、リラックス効果も大、疲労回復、不眠解消にもぴったりです!


●お風呂でハーブアロマ
◆◇◆レシピ◆◇◆
星リラックスしたい  ・・・ ラベンダー、ローマンカモミール
星気分を落ち着かせたい  ・・・ サンダルウッド、フランキンセンス
星疲労回復  ・・・ ローズマリー、ベルガモット
星シャキっとしたい  ・・・ グレープフルーツ、ジュニパー
星ぐっすり眠りたい  ・・・ ラベンダー、カモミール
星肌をきれいにしたい  ・・・ ローズ、サンダルウッド
星風邪気味  ・・・ ローズマリー、ラベンダー
星便秘気味  ・・・ ブラックペッパー、カンファー
星下痢気味  ・・・ ラベンダー、イランイラン
星二日酔い  ・・・ ローズ、フェンネル
星頭痛  ・・・ ペパーミント、グレープフルーツ
星肩こり、筋肉痛  ・・・ ラベンダー、マージョラム
星冷え性  ・・・ ジュニパー、ブラックペッパー
星高血圧  ・・・ ラベンダー、イランライン
星低血圧  ・・・ カンファー、ローズマリー

視覚
  ・照明は蛍光灯よりも白熱灯をセレクト!
   やさしい灯りが気分を落ち着かせます。
  ・気分を鎮めたいときは、入浴剤を寒色系に
  ・高温多湿に強い熱帯性の観葉植物を
嗅覚
  ・ヒノキのイスや桶、スノコをセレクト
触覚
  ・さら湯のピリピリ感は入浴剤で解消
聴覚
  ・防水ラジカセで自然の音や好きな音楽を
味覚
  ・汗をかいたら十分な水分補給を

運動後など、疲れが溜まってしまったとき、水風呂と温かいお湯を交互に浸かり、それを数回繰り返すことにより、筋肉疲労のもととなる血中の乳酸をすばやく散らす為、筋肉のコリや痛みの解消にも、大変効果があります。

サイトメニュー


相互リンクサイト